東海大学文学部歴史学科東洋史専攻

 東洋史専攻では、古代史から現代史までを専門とする多彩な教員のもとで、東アジア、特に中国とその周辺地域の歴史を学びます。
私たち日本人にとって東アジアの国々、特に中国は、古くから密接な関係を持ってきた国であり、日本の社会や文化の形成に深く影響を与えてきました。また現在の国際社会、とりわけ東アジアの中で中国が占める位置は、以前にも増して重要となってきています。本専攻では現実の東アジアを踏まえ、その過去から現在に至る歴史を学びます。
わが国における東洋史研究、特に中国史研究は、長い歴史をもち、世界的に見てもきわめて高い水準を維持してきました。本専攻では、そのような優れた伝統と成果を受け継ぎ、さらに新発見の文物資料や最新の国際的な研究成果をも視野に入れ、授業を展開します。
各授業を通じて、探求心を旺盛にして論理的に思考し、中国を中心に東アジアの歴史と現在を理解し、さまざまなな分野で活躍できる人材の育成を目指します。

お知らせ

2021年3月25日に文学部歴史学科東洋史専攻として最後の卒業式を挙行いたしました。これにともない、このHPの更新も今年度いっぱいとなります。2018年度より旧歴史学科東洋史専攻は、旧アジア文明学科とともにアジア学科として再スタートしております。東洋史専攻の同窓生の皆さんにおかれましては、これからもアジア学科を応援ください。

アジア学科Facebook:https://www.facebook.com/tokai.asian.studies/

新着情報

片山章雄先生最終講義のお知らせ

掲載日:2022/02/10

東海大学におきまして30年以上にわたって教鞭を執られてきた片山章雄先生がこの3月をもちまして定年退職を迎えられます。片山先生の最終講義を、Zoomを使用してのオンライン形式で開催いたします。東海大学文学部歴史学科東洋史専攻で片山先生に学んだ卒業生の皆さんはふるってご参加ください。

日時 2月26日(土)14:00~15:30
題目 「原物・画像観察から原形推定・確認の諸例 -越えるべき累々たる非科学的取り組み-」
写真

参加をご希望の方は下記のアドレスにメールでお問い合わせください。
当日のZoomのURLをお送りいたします。

〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1 東海大学文化社会学部アジア学科
小林元裕 mokobayasi@tsc.u-tokai.ac.jp

秋学期学位授与式

掲載日:2021/04/28

2021年3月25日(木)秋学期学位授与式も対面で行なわれました。オンラインが続いた学生生活、最後の日でしたが多くの人たちが大学で再会をすることができました。なお今回の学生たちが歴史学科東洋史専攻の最後の卒業式出席者になりました。

写真

小林義廣先生、齋藤道子先生がご退職

掲載日:2021/04/28

3月25日(木)、これまで東洋史専攻のためにご尽力された小林先生・齋藤先生が年度末をもってご退職されることとなり、両先生に感謝の花束が渡されました。また両先生には東海大学より名誉教授の称号がおくられました。

写真

高佳棋君、東海大学総長賞を受賞

掲載日:2021/04/28

写真
高佳棋君が2020年度東海大学総長賞を受賞しました。

木村廉君、足利惇氏賞を受賞

掲載日:2021/04/28

写真
2021年3月25日、木村廉君が2020年度の足利惇氏賞を受賞しました。

今野有登君、東海大学史学会賞を受賞

掲載日:2021/04/28

写真
2021年3月25日、今野有登君が東海大学史学会賞を受賞しました。
論文タイトルは「玄奘三蔵の長安出発年次の検討」です。

歴史学科卒業論文発表会

掲載日:2021/04/28

2021年2月4日、2020年度歴史学科卒業論文発表会が行なわれました。
東洋史専攻は今年度が最後の参加となりました。
発表者と題目は以下の通りです。

今野有登 「玄奘三蔵の長安出発年次の検討」
高佳棋 「中ソ不可侵条約締結の経緯とその歴史的成果」

[ 以前のニュースはこちら ]


お問い合わせ先:0463-58-1211(内線)3089