在学生の声

べこ(4年次生)

ゼミの活動について

●先生や友達の協力を得ながら研究

 私が所属する上倉ゼミは、主にスウェーデン語やスウェーデン文学について研究する学生が集まっています。ゼミは先生を含めて3人と少人数ですが、毎回ほのぼのとした雰囲気で始まります。
 私はスウェーデン人作家のピヤ・リンデンバウム、もう一人のメンバーはアストリッド・リンドグレーンと、どちらもスウェーデンの児童文学に関することをテーマにしています。私が研究対象としているリンデンバウムは、彼女自身や作品に関する日本語の資料がほとんどありません。そのため、参考資料にはスウェーデンの新聞記事や論文集などを使用しています。ネイティブ向けの文章を翻訳していく作業はとても大変ですが、先生や友達の協力を得ながら研究を進めています。

クラブ活動について

●北欧研究サークル「FINDS」で北欧文化を広げる

 私は、「FINDS」という北欧研究サークルに所属しています。
 北欧各国の言葉で書かれた絵本を協力して翻訳したり、レシピを翻訳し自分たちで北欧料理を再現したり、北欧からの留学生と交流したりと、メンバーの意見を幅広く取り入れて様々な活動を行っています。また、毎年11月に開催する「建学祭」では、外部の方々にもっと北欧を知ってもらうために、歴史や文化、企業などいくつかのテーマについて調査したことをまとめ、発信しています。
 私がサークルに参加していて一番思い出に残っていることは、外部の北欧関連イベントにボランティアスタッフとして参加したことです。そのイベントは、短編映画の上映や絵本、おもちゃの展示など親子で北欧を楽しむというものです。早朝から会場の準備をし、受付や展示物の説明、絵本の朗読などをお手伝いしました。イベントが充実して楽しかったという以外に、スタッフとして参加していた北欧好きの方々と出会えたということが、とてもうれしかったです。

東海大学文学部北欧学科 〒259-1292 神奈川県平塚市北金目四丁目1番1号 TEL.(0463)58-1211(代表)

COPYRIGHT (C) TOKAI UNIVERSITY NORDIC STUDIES. ALLRIGHTS RESERVED.