東海大学大学院は、公認心理師養成のカリキュラムに対応しています!

東海大学大学院の臨床心理学系|東海大学大学院 文学系研究科 コミュニケーション学専攻

東海大学大学院の臨床心理学系では,2018年度より公認心理師養成のためのカリキュラムに対応した授業・実習を行っています。大学院生は学内でのロールプレイなどを含む講義・実習を経たのち,心理教育相談室や付属病院,その他実習施設(福祉,教育分野など)で実践的な技能を身につけます。
こうした実習に関しては、専任教員が、臨床心理実習でのケ-スカンファレンス、実習事前事後指導などによる丁寧な振り返りをおこなっています。院生は日々の活動において感じた疑問や不安についてお互いに意見を交換し議論するとともに、具体的な事例への対処方法などについて教員から的確なアドバイスを受けることができます。

東海大学大学院臨床心理学系 概要

臨床心理学系の特長

本系は、コミュニケーション学専攻の中に設置されており、同専攻の社会学系やメディア学系の科目も各自の興味と関心にしたがって履修することができます。コミュニケーション学の視点から人間と人間関係の理解し、より広い視野と多様な研究の方向性を探っていくことが可能になります。

大学院生の履修スケジュール例

博士前期(修士)課程1年

 
1 実習
(学内)
  講義 実習
(学外)
  講義
2 講義 論文指導 講義 講義
3 実習指導 講義 講義 カンファ
レンス
実習
(学外)
4 講義 講義  
5       講義  

博士前期(修士)課程2年

 
1 実習
(学外)
実習
(学内)
  実習
(学外)
  実習
(学内)
2 論文指導 実習指導
3 講義 カンファ
レンス
 
4 講義    
5        
  • 集中講義科目は表に含まれていません
  • 実習(学内):心理教育相談室
  • 実習(学外):付属病院、福祉・教育関連施設など

時間割は、入学年度や実習現場の状況等により異なります。
1限[9:00~10:40]、2限[10:55~12:35]、3限[13:25~15:05]、4限[15:20~17:00]、5限[17:15~18:55]

入学者選考の要点

入学試験では、コミュニケーション学専攻の他の系とは別個に、本系が独立して入学者を選考します。したがって、専門試験はそのすべてを、英語の問題はその半分について本系独自の問題を課しています。試験科目は、専門試験(臨床心理学)と英語および口頭試問の3科目です。
入学試験の日程や志願の要件などについては、東海大学大学院入学試験のページ (文学研究科)もご覧ください。

教員紹介

最近の修了生の論文テーマ

  • 中途肢体不自由者における受傷後の心理過程 ―8年間のブログを用いた自己分析―
  • インターネット依存に対する資源保護モデルの適用
  • 家族の関係性が身体醜形懸念に与える影響―両親、父子、母子それぞれの関係に注目して―
  • 児童養護施設における行動や感情面での問題に焦点を当てた音楽療法セッションプログラムの作成および介入方法の検討
  • エフォートフル・コントロールが精神的健康に与える影響 ―反芻と省察に注目して―
  • セルフ・コンパッションと社会的自己制御および精神的健康との関連について―大学生に対する慈悲の瞑想と心理教育との併用による効果の検証―
  • 深刻な悩みにおける自己開示の過程に関する検討
  • 看護師の生涯発達過程における主観的成長―主任・副主任看護師の語りから―
  • 大学生のスピーチ不安に対するビデオフィードバックと心理教育の併用による効果の検証―心理教育の内容による効果の違いについて―
  • 友人間における恥・怒り感情に対するユーモア効果の検討―日本人大学生を対象として―
  • 大学生の完全主義傾向が入学時の学業に対するリアリティショックと学業意欲に与える影響
  • 中学校教師の生徒への対応に影響を及ぼす要因の検討―SCと教師の協働を目指して―
  • 大学生の抑うつ傾向に対する心理教育および自己教示訓練の効果―抑うつ的反すうと抑うつ的反すうに関連するメタ認知的信念に焦点を当てて
  • 過去の食事を通した家族関係が大学生のコミュニケーション・スキルと精神的健康度に与える影響

修了生の主な進路

博士前期(修士)課程の修了者の多くは、学校カウンセラ-として中学校や高等学校で面接業務に従事しており、例年1~2割が医療系(精神科病院、クリニックなど)や福祉・司法系(児童相談所など)に職を得ています。また、臨床活動に従事しつつ、本学の博士後期課程に進学するものも1割程度います。

臨床心理士合格者情報

2019/12/05掲載

これまでの実績

  • 2018年度5名合格
  • 2017年度6名合格
  • 2016年度4名合格
  • 2015年度3名合格
  • 2014年度2名合格
  • 2013年度6名合格
  • 2012年度6名合格
  • 2011年度8名合格
  • 2010年度2名合格
  • 2009年度4名合格
  • 2008年度4名合格
  • 2007年度9名合格
  • 2006年度12名合格
  • 2005年度3名合格

臨床心理士に関する詳細はこちら
>>財団法人 日本臨床心理士資格認定協会

おしらせ

第二回公認心理師試験「修了証明書・科目履修証明書」 (「公認心理師になるために必要な科目」への読替えのための証明書) の発行手続きについて

2019/7/25掲載

受付は終了いたしました。

東海大学大学院
文学研究科コミュニケーション学専攻を受験する皆さまへ(お知らせ)

2018/5/31掲載

東海大学大学院入学試験要項P.3「公認心理師受験資格」につきまして、下記のとおり補足いたします。出願にあたりましては、充分に確認のうえ、出願していただくよう、お願いいたします。

公認心理師受験資格について  文学研究科コミュニケーション学専攻・臨床心理学系は、文部科学省及び厚生労働省から「心理学その他の公認心理師となるために必要な科目」について、開講科目の確認を受けております。
 これにより、大学学部において「心理学その他の公認心理師となるために必要な科目」として文部科学省・厚生労働省で定めるものを修めて卒業した者、あるいは公認心理師受験資格の特例対象者は、文学研究科コミュニケーション学専攻で指定された科目を履修し、所定の単位を修得して修了した場合、国家資格「公認心理師試験」の受験が可能になります。

問い合わせ先:
東海大学入学センター入学課 ℡0463-58-1211(代表) または、東海大学文学研究科コミュニケーション学専攻
小川研究室(内線3165)

公認心理師受験に必要な科目への読み替え対応表の更新について

2018/4/23掲載

受験に必要な科目への読み替え対応科目を、下記の対応表のとおり更新しましたのでご確認ください。


科目読み替え対応表 ( tokai_bp_yomikae_20180424.pdf )

  • 読み替え表は、更新される場合があります。
  • 読み替えの確認作業については、対応表により、ご自身の責任で行ってください。
  • 履修した科目の確認は、成績証明書等でご確認ください。

受験に必要な科目の履修に係る要件を満たしていない方が公認心理師試験を受験する場合は、現任者講習会の受講が必要になります。

公認心理師受験に必要な科目への読み替え対応表について(追記)

2017/11/24掲載

1999年度以前に東海大学大学院文学研究科広報学専攻へ入学された方が履修した科目についても、下記のお知らせに掲載した科目読み替え対応表が適用されます。

なお、対応表の「受験に必要な科目」の「⑥心理的アセスメントに関する理論と実践」への「読替対応科目」に、1999年度カリキュラムの「臨床心理査定特論・演習」を追加し、「⑦心理支援に関する理論と実践」への「読替対応科目」に、1999年度カリキュラムの「カウンセリング特論・演習Ⅰ」と「カウンセリング特論・演習Ⅱ」を追加し、「⑩心理実践実習」への「読替対応科目」に、1999年度カリキュラムの「カウンセリング実習」を追加します。

PAGE TOP