読むことと書くことを通じて、
あなたの「物語」を見つけよう。
 東海大学文学部文芸創作学科は、文学の宇宙に触れ、読むことと書くことを学びながら、自分の「物語」を発見していく場所。さまざまな小説、詩歌を読み、映画や演劇にも触れて、世界と自分について考える力、表現する能力を養います。

新着情報

2014/10/18
ホームページをwebに公開!
2014/10/18
トップページが完成。
2014/10/18
イベント情報、教員紹介、文芸工房、お問い合わせ、リンクページを開設しました。
2014/10/17
アーカイブ(学生記事)ページに、2011年から2008年までのレポートを反映しました。
2014/10/17
アーカイブ(学生記事)ページを開設しました。
2014/10/13
トップページ(beta版)の修正。
2014/10/12
トップページ(beta版)が完成!
2014/10/10
ホームページのリニューアルオープンに向けて始動。

1.文学の「宇宙ユニヴァース」に遊ぶ

 世界と日本のさまざまな「作品」を読み、考え、語りあいます。対象となるのはセルバンテスやドストエフスキーといった世界文学の古典から、現代日本の話題作まで。文芸創作学科で学ぶ作品に時代や国境の制限はありません。あなたのまえに、まだ知らなかった文学の豊穣な世界が開けます。

2.作家・小説家から創作の「方法」を学ぶ

 過去の文学作品を「読む」ことから「書く」ことは始まります。創作は時間のかかる苦しい作業です。でもそこには大きな喜びと満足感があります。文芸創作学科は、あなたの「書きたい」という気持ちを支援し、そのための知識と技術を手渡します。教員や仲間たちと討論しながら、実際に手を動かして自分の作品を作っていきます。「書く」ための方法を、現役の創作者である教員とともに実践のなかで学べるから、作品を生み出す力が身につきます。

3.幅広い分野の視野と知識を身につける

 文芸創作学科は、小説だけを学ぶ場ではありません。言葉とフィクションの領域は広大に広がっています。たとえば映画、演劇、詩歌。どれも文芸創作学科で学ぶことのできる分野です。さらに、誕生したフィクションを世に送り出すプロセスである編集や出版の実務についても学びます。言葉と創作の世界への幅広い視野を身につけます。